WINDOWS 10でも動作確認しました!

LinuxとWINDOWSの共存環境で、GRUBが壊れて、起動しなくなった場合の対処方法です。

まずは、USBメモリかCD/DVD(つまり、Linuxをインストールした時のメディア)でLinuxを起動します。

Linuxをインストールしてあるパーティションを、例えば /media にマウントします。
例えば、Linuxは /dev/sda3 にインストール済みとします。
(最近のPCはWINODWSのリカバリエリアが /dev/sda1 つまり先頭にあって、/dev/sda2 にWINODWSがプリインストールされているケースが多いですね)

$ sudo mount /dev/sda3 /media

grubを再インストールします。
マウントした /media/boot/grub の grub.cfg の内容に沿ってgrubが設定されます。

$ sudo grub-install –root-directory=/media/ /dev/sda

再起動します。

これで、grubのメニューで WINDOWS と Linux が選択できればいいのですが、何も選べずにいきなり Linux が起動するようになってしまう場合があります。
その場合、/boot/grub/grub.cfg を実際のHDDの構成に直してあげる必要があります。

$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

これで grub.cfg にWINDOWSのメニューも追記されているはずです。
再起動すれば、LinuxとWINODWSの選択ができるようになります。